50代が転職と再就職で仕事探しをするコツ

リクナビNEXT【50代の求人が見つかる】
転職サイトの中でも特にポピュラーなのがこのサイト。登録しておくだけでも会社側から声が掛かる「スカウトシステム」もあり。登録・利用ともに無料。 簡単1分登録公式サイトはこちら サイトの特徴詳細はこちら
利用者のコメント
良かった
求人サイトの中でも最大手のリクルートですので、まずここから利用を始めました。会員登録が簡単なのがよいですね。手間がかからない。ただ、何分パソコンが苦手なものですから、こういった自力で探すサービスよりもリクルートエージェントのようにキャリアコンサルタントにお任せできるサービスのほうが、我々50代にはよいかもしれません。
普通に閲覧する分には他の求人サイトとそう変わるものではない。やはり真価は登録後の機能なので、まずは使ってみて判断すべきだ。
リクナビNEXTに登録したのは、50歳以上の求人に力を入れていると知ったからです。ハローワークで最初は仕事を探しましたが、年齢的にも職種が限られています。それに正社員の求人よりもアルバイトや、契約社員の求人ばかりでした。リクナビNEXTの求人は私のような50代でも正社員の求人が多く、応募したい企業も多く心強い限りです。
リクナビNEXTで銀たま転職をした50代の男性です。地方の工場の生産管理の仕事をしていましたが、工場の人員整理が行われ会社をくびになりました。ハローワークにもいきましたが、50歳以上の求人はなかなか見つかりませんでした。リクナビNEXTで「生産技術・生産管理の求人」と書かれていたので、クリックしたところ私でも応募できる求人がたくさんありました。その中から何社かに絞り、書類を送り続け採用に漕ぎ着けました。
半導体メーカーで営業をしていましたが、経営不振からリストラに遭いました。年齢的なこともあって再就職活動は、困難を極めました。リクナビNEXTなどの転職サイトや人材紹介会社にも登録し半年を過ぎた頃に、やっとリクナビNEXTで新い職場が見つかりました。リクナビNEXTにはスカウトと呼ばれる機能があって、自分の職務経歴やスキルをウェブにアップさせると企業からオファーが届きます。
普通
リクナビNEXTを今回利用して感じたのは、応募条件に年齢不問と記載されているので問い合わせをしても、一切返信がない企業が何社かあった。またリクナビNEXTの求人広告の中には応募条件だけでなく、条件面もはっきり書かれていないものも多く利用者の不信感を抱かせるとおもう。

リクルートエージェント【プロに頼るならココ!】
満足度の高いエージェントサービスで有名。あなたの経歴や希望に合う案件を探して連絡してくれます。プロのアドバイスを受けるならこちら。こちらもすべて無料。 簡単3分登録公式サイトはこちら サイトの特徴詳細はこちら
利用者のコメント
良かった
最初はハローワークで50歳以上の求人を探していましたが、タクシーの運転手や工場の単純作業などばかりでした。そこでリクルートエージェントに登録しましたが、ハローワークとは違い50歳以上の求人は殆どが管理職や技術職でした。面談で私でも応募できるような求人を紹介して頂き、さっそく応募しました。その中の1社から連絡があり、面接も済ませ採用が決まりました。リクルートエージェントで仕事探しをして良かったと思いました。
製造メーカーの品質管理の仕事を長年やってきましたが、会社の業績不振で人員整理が行われました。求人をいろいろと探しましたが、年齢的なこともありなかなか仕事が見つからない状態が続いていました。そんな時にリクルートエージェントを勧められ利用したところ、中国にある日系工場の求人を紹介されました。応募書類を送付し審査も合格で、面接の連絡がありました。リクルートエージェントで、擬似面接も受けて面接に臨みました。数日後に内定の知らせが届き、ホッとしています。
50歳を過ぎると極端に、求人が減るような気がします。応募しても書類が通過しなかったり、そもそも応募できる求人数が少ないのが現実です。ただ私の場合はある程度は英語が使えることもあり、リクルートエージェントで外資系の求人を何社か紹介されました。外資系企業の求人のことは頭にもありましたが、英文で履歴書や職務経歴書を書いたり、英語で面接を受けることに自信がありませんでした。しかし担当者が応募書類の作成を手伝ってくれ、英語で擬似面接をやってくれて採用になりました。
普通
福祉関係の求人を探したくてリクルートエージェントに登録しましたが、紹介された求人に応募しても書類が1件も通過しなかったのです。最初の頃は連絡があった担当者からも段々と、連絡がなくなり自然と疎遠になりました。結局は別の福祉専門の、人材紹介会社で仕事を見つけました。

マイナビエージェント【人材担当がや採用したくなる転職を目指す】
 企業選びでの失敗を防ぐことや自分の市場価値を高めることができるマイナビエージェント。企業の採用担当者が興味をもつ職務経歴書、非公開求人案件の紹介など転職活動をサポート。
利用者のコメント
良かった
満足のいく転職を果たしたいと思い、複数の転職エージェントに登録した。だが、マイナビエージェントのように求人数が多く、質の高さも担保されているところはない。これまで大手企業で管理職として働いてきたキャリアを買われて、急成長中のベンチャー企業の紹介を受けた。安定性には欠けるが、将来性があるので、この仕事に賭けてみようと思う。
マイナビエージェントは、とにかくキャリアコンサルタントの面談が素晴らしい。50代ともなると自分の価値観で発想が偏ってしまいがちなので、これまで築いてきたキャリアだけでなく、仕事のエピソードの中から自分の強みや仕事に対する考え方を見出し、整理してもらえて、転職の選択肢が広がった。応募書類や面接応対のアドバイスも、的確だったと思う。
数ある転職エージェントの中で、マイナビエージェントを選んだのは、キャリアコンサルタントが業界や転職市場に精通していること、エグゼクティブな求人を豊富に扱っていることでした。希望する業界の求人動向をにらみながら、私の条件を満たす求人を真剣に探してくださる、キャリアコンサルタントの誠意に感動しました。無事に転職も成功し、本当に感謝しています。
普通
マイナビエージェントは全国展開する企業なので、確かに中高年でも応募できる、魅力的な求人がたくさんあります。ですが、家庭の事情で引っ越しができない、地方都市に暮らす私の通勤範囲には、応募できる企業はないようです。待てば何とかなるものなのか、転職自体を諦めるべきなのか、判断がつきません。

みなさんの口コミをお待ちしています

 

 

1.50代の転職・再就職動向

 長い不況下では、定年を引き下げる企業も少なくなく、転職しようにも50代の求人はほとんどないのが当たり前でした。ですが少子高齢化が進み、2013年には4人に1人が高齢者になり、2035年には3人に1人になることが予想されています。こうしたことから、日本の労働力確保という観点からも、シニア世代の雇用がアップするのは、当然ななりゆきです。

 

企業の定年年齢が65歳に引き上げられたことを考えても、今後は50代の転職者にも、バリエーションが増えていくことでしょう。ことに、転職市場が活況ないま、豊富なキャリアと熟練した専門スキル、業界内の人的ネットワークを持つシニア世代にとって、活躍の場が広がっているのです。

 

 

2.50代の強みとは?

 企業が50代を採用する際に強みだと感じるのは、即戦力となりうること、働く意欲に満ちていること、責任感を持って業務を遂行してくれること、そして信頼感をもって仕事を任せられることです。しかも50代は、若者にはない、利害関係の異なるひとたちの落としどころと探してまとめられる調整力、組織運営には欠かせない協調性も長けています。

 

 こうした強みを持って、与えられたミッションの達成だけでなく、組織運営、部下や川手の育成・指導など、これまでのキャリアを活かした企業貢献ができることをアピールすれば、企業にとって得難い存在になれるはずです。50代の転職は、ワークスタイルも多彩ですので、自分のライフプランにあった働き方を探すのもよいかもしれません。

 

 

3.転職・再就職に成功したひとの共通項

 50代転職者の中で、満足のいく結果を得ているひとには、共通項があります。まず、業界や職種ですぐに成果を出せる、専門スキルを持っていること。その専門スキルの証明になる資格があれば、尚ベターです。そして、マネジメント経験が豊富で、若手の育成・指導にも意欲的なこと。さらに、キャリアと実績に胡坐をかくのではなく、協調性を持って、企業に貢献したいと思う気持ちを持っていることです。

 

 そうした姿勢は、応募書類や面接応対に現れます。面接の常識やマナーを守れているか、一方的に自分が話すのではなく、採用担当者のニーズをきちんと引き出して、それに応える解答ができているのかどうかが、採否の分かれ目となります。どんなにすばらしい実績があったとしても、自分のスタイルに周囲を合わせようとする中高年を、積極的に採用しようと思う企業はありません。郷に入りては郷に従えを実践する気持ちで、応募に臨みましょう。

 

 

4.仕事探しは転職サイトがおすすめ!

 50代の求人を探すとき、これまではハローワークや新聞の求人欄を利用するひとが多かったのではないでしょうか。でもこれからは、条件のよい50代の求人を探したいと思うなら、迷わず転職サイトを活用することをおすすめします。50歳以上であっても、パソコンやスマートフォンを活用した情報収集を行えることは、条件のよい転職や再就職には必須項目です。

 

 このところ、中高年を対象にクラウドで在宅ワーク情報を提供するサイトも増えているように、魅力的な求人は転職サイトに集まっています。シニア世代を対象にしたコンテンツも増えていますので、まずは自分の希望条件やこれまでの経歴を登録してみましょうその時点で、いまの自分の転職市場での価値をはかることができ、就職活動の参考にすることが可能です。

 

 また、転職サイトに登録しておくことで、自動的に希望条件に合った情報が送られてくるのも、効率的な仕事探しにはピッタリです。まずはシニア世代の求人が豊富な転職サイトのいくつかに、登録することから始めてみてください。

 

 

 

5.転職サイト活用での成功談

 在職中から転職サイトに登録し、再就職先を探していた。転職サイトを活用するメリットとしては、個人では集められない数の求人情報を、簡単に手に入れられることがある。ハローワークではお目にかかれないような、好条件の求人が集まっている。早めの転職活動が功を奏して、再就職ができ、本当に良かったと思う。(52歳・男性)

 

 50代の求人は、数そのものがさほど多くないのが現状です。
 パートやアルバイトではなく、正社員、契約社員、嘱託社員として、責任を伴う仕事を探したいひとにこそ、転職サイトがおすすめです。

 

 転職サイトには、職務経歴書作成ツールもあり、ナビゲーションに従って入力をするだけで、読みやすい応募書類をつくることができる。キャリアが長い分、書類が長くなるのが悩みだったので、とても役立った。また、クリック一つでエントリーができるのも、魅力だと思う。(58歳・男性)

 

 転職サイトにはさまざまなコンテンツが用意されているので、応募書類の作成や面接準備がスムーズに行えます。より条件のよい再就職を果たすためには、複数の企業に応募しなければなりませんから、簡単にエントリーできる転職サイトだと、手間を省くことにもつながるはずです。

 

 

6.活躍の場が広がる中高年世代

 終身雇用制度が崩壊し、就職氷河期に新卒採用を控えた企業は、いま組織の後継者育成に課題を抱えています。中間管理職を担うのがロスジェネ世代にあたり、企業内での育成ができていない現状があるからです。そうした意味でも、成果をあげながら、後進の育成にも力を注げるシニア世代の活躍の場は、今後ますます広がっていくことが予想されます。

 

 健康で働く意欲にあふれているなら、転職サイトで60歳以上の求人に目を通してみてください。あなたのキャリアと専門スキル、人間性を活かして働ける場が、きっと見つかります。自分が会社にお世話になるのではなく、採用された企業に貢献しようという気持ちが使われば、再就職も転職も決して難しいことではありません。

 

 このシニア世代採用の波に乗って、ビジネスマンとしての集大成をはかる仕事に就いてください。


TOP 50代転職の5つの流れ いちおし転職サイト